北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美


お知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館としてきましたが、感染対策を講じたうえで5月12日(火)から開館いたします。

■来館者の皆様へのお願い
新型インフルエンザ等対策特別措置法により,都道府県をまたいだ人の移動の自粛が強く要請されております。
ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。
・発熱や体調不良等の風邪症状があるお客様は、ご来館をお控えください。
・来館者の方々には、マスクの着用にご協力ください。
・咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかりと覆う「咳エチケット」にご協力ください。
・来館された方などから感染者が確認された場合に備え、入館時に「来館者記録用紙」への記入をお願いしております。
・館内の環境保持のため入場制限等をさせていただく場合があります。
■当館での取り組み
・展示室内の温・湿度を調整し、適宜、換気を実施しております。
・展示室内が過度に込み合わないよう、入場制限等をさせていただく場合があります。
・入口等に、アルコール消毒液を設置しております。
・館内スタッフはマスクを着用させていただいております。
・受付にお並びの際に前の方との間隔を2m程度空けていただくための「足跡シール」を設置しております。
・受付には、飛沫防止パーテーションを設置しております。
※今後の国・県等の状況により、会期の変更等を行う場合があります。

 

企画展「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」の関連事業について
チラシ裏面に掲載している以下の関連事業は、すべて中止いたします。
*5月31日[日]の記念講演会「シャンパンが似合うルネ・ラリックのガラス―朝香宮のアール・デコ―」
*会期中毎週土曜日の担当学芸員によるギャラリー・トーク


1920年代から1930年代にかけて,「アール・デコ」と呼ばれるデザイン様式が世界を席巻しました。アール・デコとは,フランス語の「アール・デコラティフ」,すなわち「装飾美術」から派生した呼び名で,より正確には,1925年にパリで行われ,しばしば「アール・デコ博」と称される「現代装飾美術・産業工芸国際博覧会」(Exposition international des Arts decoratifs et industriels modernes)のタイトルが元になっています。アール・デコ様式は,日本の建築,美術工芸品,デザインのさまざまな領域に影響を及ぼし,大正末期・昭和戦前には,わが国に独自の展開も見られました。

本展は,このアール・デコを特徴づけるスタイル,時代精神を表すガラス作品で知られるルネ・ラリック(1860-1945)の仕事を展観するものです。展示作品は,北澤美術館(長野県諏訪市)のコレクション約200点を中心に,日本とラリックのつながりを示す貴重な資料も公開されます。

一般的にラリックと言えば,アール・デコとともに,20年ほど先行する時代のジュエリーでも著名な作家です。今回の場合,ガラス工芸初期の1910年代から1930年代に至る作品群を通じて,工業化社会,新しい都市文明に合致したガラス製品が,どのようにして人々の生活や好み,ものつくりのあり方とともに変わったのか,ひいてはラリックが生きた世紀のキーワードである「近代:モダン」とは何かについて,調度品,食器セット,香水瓶,照明器具,カーマスコット(自動車装飾)など,幅広い作品によって分かりやすく紹介します。

開館時間 午前9時30分 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝休日は開館)※4月27日[月]、5月4日[月・祝]は開館し,5月7日[木]は休館
観覧料 一般 1,000円(800円) 大学生・高校生 800円(640円) 中学生・小学生 600円(480円) ※( )は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料。
※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料。
※4月1日「市民の日」はメンテナンス期間中につき休館とします。代替日として4月30日(木)、宇都宮市の方は観覧無料となります。保険証など,住所の分かるものをご提示ください。
※毎月第3日曜日(5月17日、6月21日)は「家庭の日」です。高校生以下の方を含むご家族が来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料となります。
主催 宇都宮美術館、NHK宇都宮放送局、NHKプロモーション、下野新聞社
特別協力 公益財団法人北澤美術館

関連イベント

1.記念講演会①「ルネ・ラリック アール・デコの新時代を切り開いた男」
【日時】4月26日(日)開演:14:00~16:00 開場:13:30
【講師】池田まゆみ氏(本展監修者、北澤美術館主席学芸員)
【会場】宇都宮美術館 講義室
【費用】無料
【定員】先着150名(ただし企画展チケットが必要です)

2.記念講演会②「シャンパンが似合うルネ・ラリックのガラス―朝香宮のアール・デコ」
【日時】5月31日(日)開演:14:00~16:00 開場:13:30
【講師】樋田豊次郎氏(東京都庭園美術館館長)
【会場】宇都宮美術館 講義室
【費用】無料
【定員】先着150名(ただし企画展チケットが必要です)

3.担当学芸員によるギャラリー・トーク
【日時】会期中毎週土曜日 14:00~ 
※企画展チケットをお求めのうえ,中央ホールにお集まりください。
【問い合わせ先】宇都宮美術館 TEL.028-643-0100