第5回宇都宮美術の現在展

第5回宇都宮美術の現在展

 宇都宮の美術を総合的に紹介する展覧会「第5回宇都宮美術の現在展」を開催いたします。この展覧会は,宇都宮市にゆかりを持ち制作・発表を行っている美術家の最近の動向をご紹介するものです。7つの分野を設け,日本画12点,洋画41点,版画15点,彫刻・立体作品8点,工芸19点,書18点,写真11点の合計124点(作家同数)の作品を展示いたします。

 宇都宮という土地とさまざまなかかわりを持ちながら日々制作を続けている美術家が,現在何を思い,どう表現しようとしているのか。それぞれの作品が伝えるものを一同にご覧いただくまたとない機会となるでしょう。

会 期

2019年2月3日(日) ~ 4月1日(月)

開館時間

午前9時30分 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日,2月12日(火) ※2月11日(月・祝)と4月1日(月)「市民の日」は開館

観覧料

一般600(480)円
大学生・高校生400(320)円
中学生・小学生200(160)円
※( )は20名以上の団体料金
◎身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
◎宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
◎毎月第3日曜日(2月17日,3月17日)は「家庭の日」です。
高校生以下の方を含むご家族が来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料。

主催

宇都宮美術館 下野新聞社

協力

あけぼの表具店,宇台額縁専門製作所,宇都宮キョ―和,書遊松島堂,白木屋画材額縁店,桐葉堂

チラシを見る