篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

展覧会期 2018年9月16日(日)~11月4日(日)
休館日 毎週月曜日 ※ただし9月17日,9月24日,10月8日は開館
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 一般1,000(800)円
大学生・高校生800(640)円
中学生・小学生600(480)円
( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
※毎月第3日曜日(9月16日、10月21日)は「家庭の日」です。高校生以下の方を含むご家族で来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料
主催 宇都宮美術館|読売新聞社|美術館連絡協議会
協賛 ライオン|大日本印刷|損保ジャパン日本興亜
協力 松竹(株)
企画協力 後藤繁雄事務所+G/P gallery
広報物 ポスター
チラシ

内容紹介

写真家・篠山紀信(1940―)は,1950年代後半からその活動をスタートさせ,現在に至るまで,時代のトップを走り続けています。

本展は篠山紀信という稀有な写真家が,「写真」というメディアに内在する強力な「写真力」をあらためて世に問う大規模な個展です。ジョン・レノンとオノ・ヨーコや山口百恵といった有名人から東日本大震災で被災された方々まで,篠山が50余年に渡って撮り続けてきた膨大な数のポートレートの中から約120点を厳選し,「GOD」(鬼籍に入れられた人々),「STAR」(すべての人々に知られる有名人),「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界),「BODY」(裸の肉体―美とエロスとの闘い),「ACCIDENTS」(2011年3月11日―東日本大震災で被災された人々の肖像)の5つのセレクションで紹介します。

これらの圧倒的な迫力に満ちたポートレートの数々は,あらためて「日本」とは何か,「日本人」とは何かを観る者に問いかけるものとなるでしょう。

開催中の催し

 

催し物 日時 講師 会場
篠山紀信トーク

サイン会
9月16日(日)
午後10時30分
―12時30分
篠山紀信 講義室
(先着150名)
※事前申込制
担当学芸員による
ギャラリートーク
9月29日(土)
10月13日(土)
10月27日(土)
午後2時―3時30分
当館担当学芸員 中央ホール集合
※要企画展チケット

※篠山紀信トーク&サイン会 →チラシを見る

トークは参加無料。サイン会はトーク参加者の中で本展図録(税込2,700円)を当日ご購入いただいた方のみ対象。

申し込み期間:7月1日(日)~8月24日(金) Eメールもしくはハガキにて氏名・住所・電話番号・参加人数を記入し,下記までお申し込みください。

定員を超えた場合は抽選。当落に関わらず,結果は美術館からご連絡いたします。

●Eメール reserve@u-moa.jp ※Eメールの件名に「篠山紀信展トーク希望者」とご記載ください。

●ハガキ  〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077 宇都宮美術館 篠山紀信展トーク ※申込期間中,美術館受付でもお申込みいただけます。