パナソニック汐留ミュージアムコレクション ジョルジョ・ルオー展

展覧会期 2018年7月1日(日)~8月26日(日)
休館日 毎週月曜日 ※ただし7月16日は開館
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 一般900(720)円
大学生・高校生700(560)円
中学生・小学生500(400)円
( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
※毎月第3日曜日(7月15日、8月19日)は「家庭の日」です。高校生以下の方を含むご家族で来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料
主催 宇都宮美術館下野新聞社
特別協力 パナソニック汐留ミュージアム
企画協力 ホワイトインターナショナル
広報物 ポスター
チラシ

内容紹介

疲れ果てた道化の姿、暖かな光を放つ秋の夕暮、そして、苦しみの果てにうつむくキリスト。ジョルジョ・ルオー(1871‐1958)が描いた作品の数々はわたしたちの心を揺さぶり、画家の没後60年を迎える今日でもその魅力が失われることはありません。人間が抱える苦しみや悲しみに向き合い、その果てに見出される生命の輝きを映し出した彼の作品は、時代や信仰の違いを超えて人々に感動をもたらし続けます。
本展では、世界でも有数のルオー・コレクションを誇るパナソニック汐留ミュージアムの所蔵品から、油彩、水彩、パステル、版画の優品をご紹介します。師の強い影響を示す修業時代の作品から色彩による生命の讃歌とも言うべき晩年の秀作に至るまで、60年以上に及ぶ画業に迫ります。

開催中の催し

 

催し物 日時 講師 会場
ジョルジョ・ルオーの魅力
作品とその人となり
7月14日(土)
午後2時―3時30分
萩原敦子氏
(パナソニック汐留ミュージアム学芸員)
講義室
(先着170名)無料
Rouault mystique?
―世俗化と神秘主義の時代のキリスト教画家
8月4日(土)
午後2時―3時30分
渡辺優氏
(天理大学講師)
聞き手:藤原啓
(当館学芸員)
講義室
(先着170名)無料

●担当学芸員によるギャラリートーク

会期中毎週土曜日(7月14日、8月4日を除く)午後2時―3時 企画展チケットをお求めのうえ、中央ホールにお集まりください。